星降る夜の恋 【完】

第4章 /偽り

私は信の彼女でもなんでもない

好きとも言われていない

だからあれが悪いことではないのだということはちゃんと分かっていた

私に文句を言う権利なんてどこにもないことも分かっていた


信を縛りつけることなんて出来ない


それでも苦しかった

息ができないぐらい苦しかった

このまま死んじゃうんじゃないかと思った

0
  • しおりをはさむ
  • 199
  • 472
/ 354ページ
このページを編集する