星降る夜の恋 【完】

第5章 /友情2

『ぼぉーとしてどうしたよ?』


陸と勇気が屋上へやって来た



手の鍵を静かに見つめ続ける信


それで何となく状況は分かってしまった2人


『あーあ。もしかしてそれ、戻ってきちゃった?』


信は何も答えない



だからそれが、真実  



『信のやつ~!フラれてやんの~!』


と陸がからかう

0
  • しおりをはさむ
  • 199
  • 470
/ 354ページ
このページを編集する