星降る夜の恋 【完】

『あんな可愛いお人形ちゃんをほっといていいのかよ?男寄ってくるぞ~!他の男に持っていかれるぞ。』


眉間にしわを寄せ、ずっと考え込んでいる信


信は恋したことないから女の扱い方が分からないんじゃないかと心配になった勇気

心ちゃん大丈夫かなととても心配になった



ガタンっ


勢いよく立ち上がる信



『おまえらうるせーよ・・・・』



と一喝してその場を去っていった






『素直さを忘れた人間は困りますね~。』



呆れ気味な声が空へと溶けていった・・・




0
  • しおりをはさむ
  • 199
  • 463
/ 354ページ
このページを編集する