星降る夜の恋 【完】

第6章 /恋慕

『心。』


低く、優しい声が私を呼ぶ



刹那、私の身体はその声によって身動きが出来ないぐらいに縛られた



ずっと聞きたかった声

大好きな人の声

大好きなその声


私の身体は信の声に支配された


0
  • しおりをはさむ
  • 198
  • 461
/ 354ページ
このページを編集する