星降る夜の恋 【完】

第7章 /対面

「信、この洋服でいいよね?!」

朝早く迎えにきてくれた信に聞いてみる


『ああ。』


「本当にこれで大丈夫?!」

『ああ。』

「変じゃない?!」

『ああ。そんな服装ごとき気にするな。』

「でも気になるだもん。」

『おまえは素で十分イケてるよ。』

「……ありがと。」


信は乙女心が分かっているのか分かっていないのかがイマイチよく分からない


私はちょっとでもよく見られたいという願望が捨てきれずに昨日から1人ファッションショーを繰り広げている

もう家にある洋服は全て試着してみたと思う


そして、散々悩んだあげく、無難に白のワンピースにブーツという清楚な路線に決まった



信に朝早く迎えに来てもらったのは着ていく服を見てもらうためだった

0
  • しおりをはさむ
  • 198
  • 458
/ 354ページ
このページを編集する