星降る夜の恋 【完】

第8章 /卒業

「ついに卒業かぁ…」

「うん。寂しくなるね。」

「あの3人がいない学校に後2年も通うなんて耐えらんないわ。」


寂しい会話が聞こえて来る

奈央と雪の会話だ


今日は私たちが通う学校の卒業式

信たちが卒業していく


遂にこの日が来た


信、勇気、陸がこの日、この学校を巣立っていく


校舎の窓から3人でため息をつきながら今までのことを思い出す


「あー、ほんと寂しくなるわ。」

「学校で会えなくなるっていうのが信じられないわ。」


「・・・でも、なんか実感ないね。」

ぼそっと私が言う

0
  • しおりをはさむ
  • 198
  • 461
/ 354ページ
このページを編集する