星降る夜の恋 【完】

第2章 /屋上

お決まりの屋上に連れて来られた


不良と呼ばれる人種が愛するこの地


私は中学の時も学校の屋上には足を踏み入れたことがない


真面目ちゃんの部類に入る私には初めての経験だ



こんないいお天気なのにここには誰もいないみたい



『俺らの溜まり場だから誰も来ないよ!』

と疑問を一瞬にして消し去ってくれた陸


典型的だな

0
  • しおりをはさむ
  • 198
  • 458
/ 354ページ
このページを編集する