音恋(修正中)

sakura
恋愛 387ページ(連載中) 88333字 更新日 2019/08/24 読者 52482人 公開 0 0


孤独を感じる


いつか、どこかのおとぎ話みたいに、私にも真実の愛をくれる王子様はくるのだろうか。



真っ暗な心の中、微かに吐息で消えそうな程の光は存在していた。



この光が消えるのが先か


それともさらなる光を放つのか




運命に導かれた2人が出会う



「お願いだから‥私の側に来ないで‥」

×

「優笑には俺が必要だろ」




2015/09〜2015/10/13
完結



加筆修正作業に入りますので少しずつの公開となります。今現在の読者様にはご迷惑おかけしますがよろしくお願い致します。
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 39
  • 5829
このページを編集する