魔法ノ花Ⅰ【完】

★Welcome to Selastella! /漢名






速水千早。



どんな子なんだろう。



さっきは漢名がこの学校にいることに衝撃を受けて話が全く頭に入って来なかった。



まあ、あんなのたぶんただ上っ面で作ったのを読み上げてただけだろうけど。



あそこで本音言うヤツいないよね。



7年間の学校生活は趣味の昆虫採集に捧げたいですとか言い出したらしらけるもんね。


それ絶対『バッタのコスプレして言え!』ってヤジが飛ぶからな。


ヤジよりバッタ飛ばせっつーの。蝶でも可。



んで、速水千早がどんなヤツなのかよく分からないうちに入学式はお開きになったし。



……よくよく考えてみればあの入学式すっごいぐだぐだだったな。




そんな思いをめぐらせながら、階段を一段飛ばしで上って、教室に入る。




ま、このクラスは正式じゃないんだけど。









とりあえず、適当に教室に入って適当に座った。



クラスなんてまだ決まってないから、空いてる席のある教室に座っちゃえばいいんだ。




なんてったってこの学校のクラス分けは――――






「きゃぁっ!」



え?

どうした?



声の聞こえたほうに顔を向けると。








………………………………







はい。






0
  • しおりをはさむ
  • 1574
  • 4326
/ 434ページ
このページを編集する