魔法ノ花Ⅰ【完】

★1年Aクラスの1学期 /何が起きるか分からない








それから、2週間が経った。








特に何も変化はない。






でも何かあったかって聞かれてちょびっと問題を挙げるなら、



千早が『やったーセーラちゃんと一緒に住めるー!』ってほざいて抱きつかれ危うく絞め殺されそうになって、

朝偶然湊と顔をあわせるたびになぜかとび蹴りされて腰を折りそうになって、

水樹くんに『よ!からくさもよう!』とか変な挨拶されいきなり剣で刺されかけ、

その様子を見てニヤニヤと笑ってる雅也に『いいねいいねー野垂れ死ぬシーンって人間が一番美しくなれる瞬間だと思うよー』そんなわけねえよと思いながらもあたしは水樹くんから逃げ惑い、


学校につく頃には脂肪してた、間違えた死亡してたことはあったけど。







ただ、そんだけ。




………え?2週間でそれは多い?それは重大?




ま、まあ、価値観は人それぞれだから。





とにかくこの2週間は、ただそんなようなことがあっただけ。




平和でしたよ。


うん、平和平和。




平和。



へいわ。





美咲さんは天使の微笑みだし、


ルイは……まあ、無視するけど悪いヤツじゃない。




平和だよ。








なんにもない。




し~けん~もな~んに~もない♪





あ、ゴゴゴの森太郎のワンフレーズがでてきてしまった。




そんな歌が頭に浮かんでくるくらい、平和。










―――――ただ、



ちょっとひとつだけ言っておくとするならば。






ユーリが学校を休むようになった。







0
  • しおりをはさむ
  • 1578
  • 4368
/ 434ページ
このページを編集する