魔法ノ花Ⅰ【完】

★1年Aクラスの1学期 /月光の中の黒猫ムンク







あたしの部屋に、住人が1匹増えた。





まるでムンクの叫びのような表情の黒猫ちゃん。




「ぶっ」





何度見ても笑える。





これを見つけたときはびっくりしたけど……今は。




この表情に笑えまくる。







「――――似すぎだっつの」





あんたに似すぎだっつの、このムンクの叫び。




こんな表情、あんたはしないけど。




だから、おもしろいんだ。








月明かりに照らされる。









あんたも、こういう顔してみればいいのに。


しかめっつらばかりしないでさ。






そしたら大笑いだけど。






まあ。



もうすぐ、帰ってきてくれるからね。







そうしたら、こんな偽物じゃなくて、本物に毎日会える。




――――――――その夜。





悲痛な表情で叫ぶ黒猫だけが、大きな月に照らされていた。













魔法ノ花Ⅰ
【完】







0
  • しおりをはさむ
  • 1574
  • 4325
/ 434ページ
このページを編集する