魔法ノ花Ⅱ【完】

★1年Aクラスの夏休み /暇星人と暇じゃない納豆




Side.M



「つまんないつまんないつまんなーい!!」


「うるせえ千早」


「水樹じゃなくてセーラちゃんがよかった!」



なんだとコイツ。

俺があの納豆女より劣ってるってか。


俺のほうがメインキャラだろ絶対。そんでアイツはサブキャラの中のサブキャラだろ。ザコキャラだろ。



「仕方がないでしょ。セーラちゃんは今帰省してるんだから」


「セーラちゃんに1ヶ月ちょっとも会えないなんて禁断症状が出る!」



勝手に出ろ。

まあ、仕方がねえから俺が遊んでやってもいいけど。



「水樹の遊ぶって……」



なんだよ美咲。つか勝手に心の中読むな!



「つか、あちーねー」



雅也が長い方のソファに寝転がる。


俺の座るところなくなるじゃねえか。



「……雅也」


「どしたー」



雅也がゆるく返事した。


悪気はまったくねえらしい。



「暑いんだから仕方がないでしょーよ。暑いの。エネルギーが残ってないのー」



そういうと、ルイが雅也の方を向いた。



「クーラーついてる」


「君が寒がりやさんだから設定温度たけーのよ」



確かに。


ルイが寒がりだからあちぃんだよ、この部屋は。



0
  • しおりをはさむ
  • 1336
  • 4393
/ 466ページ
このページを編集する