魔法ノ花Ⅱ【完】





「……聞きたいこと?」



「うん、聞きたいこと」




それは、あたしが一番気になっていたこと。




「雅也とみかりんには、何があったの?」



「みかりん?」



「渡會未光」



「………」




千早は黙った。




だけどあたしはここでひるんだりなんかしない。




「教えて、千早。知ってるんだよね」



「知ってるけど……」



「あたし、ちゃんとふたりのこと聞きたいの」



「…みかるのこと、いつから知ってたの?」



「………えっと、」





いつからだっけ?




「仲良くなりかけたのはついこの間……でも初めてまともに話したのはあの夜……いやいや、でもぶつかったのはもっと前だったでしょ。あ、だけどずっと前から知ってたんだっけ?ずっと前がいつかは覚えてないけど。………結局どれだ?」




「……分かんないくらい前から知ってたんだね」



「そ、そういうことにしといてくれたまえ」





ぶっちゃけちょっと恥ずかしかったけど。






0
  • しおりをはさむ
  • 1342
  • 4488
/ 466ページ
このページを編集する