魔法ノ花Ⅴ【完】

★3年Aクラスの春休み /月影





それは、雨音が城内にも響くような、大雨の朝だった。




……何が、起こっている……?



目の前に広がる光景。




まるで地獄。




今日もいつもの日常の、はずだったのに。






突如現れたその非日常。






……そんな、ことって。




何が、起きた……?





ここは、エイプルマーチ。




セラフィアの大陸の西側に位置する、大きくもなく、小さくもない国。





でも、この国の面している海は資源に恵まれていて、街は豊かだった。




そうしてここは、この国の中心にある、エイプル城の、大広間。






――――その豊かなはずの街の中心にある城は、もはや、本物の地獄だった。






本物の地獄など見たことはないが、こんな光景はこの世のものではないと断言できる。








目の前に、死体。







0
  • しおりをはさむ
  • 1243
  • 4376
/ 617ページ
このページを編集する