魔法ノ花Ⅴ【完】

★3年Aクラスの1学期 /遣らずの雨と黄昏月






* * *





Side.M




服を着替える。


私が、一番力を出せる服に。




……行くんだ。



私が、私で片づけなければいけないことだ。


これは私の問題。



みんなを巻き込むわけには、いかない。




「――――どこ行くの」


「、」




不意に声がして、振り返った。


……気付かなかった、気配に。




思いつめすぎたかな。




もうちょっと肩の力を抜かないと。


あの人たちには勝てない。





……それに。







私を止めようとする、カエデを振り払うことなんて、できない。






0
  • しおりをはさむ
  • 1240
  • 4331
/ 617ページ
このページを編集する