魔法ノ花Ⅴ【完】

★3年Aクラスの春休み /漫ろ雨と弄月






―――――それから、アリスが来るのには2日かかった。




なんでも、アリスは遠出していたらしい。



アリスに会うのに、こんな時間がかかるとはね。




「……ひどいナリね。その状態で私を呼び出して、何よ」


「だってアリスちゃん、全然来てくれないんだもん。あたしずーっと待ってたのに。だからあたしから呼んじゃった」


「……血まみれのくせして元気じゃない」




そりゃ、わざわざアリスちゃんがやってきてくれたってのに、伸びてるわけにはいかないじゃん。


目の前には、待ち望んでいたその子の姿。



だけど、その髪にいつもの白い髪飾りがないことに違和感を感じた。






……自分で取っておいて、何で違和感感じてるんだ。バカじゃないのか。





でも、やっぱり。










おまえには、その、白い髪飾りが必要なんだよ。






0
  • しおりをはさむ
  • 1243
  • 4376
/ 617ページ
このページを編集する