魔法ノ花Ⅷ

むらさきいろ /スカビオサ〔I have lost all〕




* * *





Side.M








「……いや、普通に嫌」








と。


湊にものすごい冷たい目を向けるイブちゃん。




にべもないわー。




「あら。断られたわ」



ケラケラ笑う湊。断られることが分かってたのねー。ま、相当なバカじゃない限り今のに頷くヤツはいないでしょーけど。




「まーまーそー言わずにー。ちょっと俺たちの話きこーよー」





……この子をパーティーに加える湊の考えにまるっきり賛成できるわけじゃないけど、その戦い方は全くないわけではない。




「……あなたたちは、この世界の人間ではないわね」


「………」



と。


今度はそっちの攻撃ターンか。




でも俺たち3人相手にやろーってけっこうしんどくないー?




「そーだよ。だからあんたを誘ってんのー」


「あの人相手に、あなたたちは何をする気なの?」


「……おまえ、セーラと何かあったのか」




と。


ここでうちのボスの核心をつく質問だ。こっちの攻撃ターン。




「……別に何も」


「質問を変える。何があった」


「………」





……何かがあったことなんて、彼女を見れば分かる。


おいおいセーラちゃん。おまえ一体何やってんのよー。





0
  • しおりをはさむ
  • 5451
  • 4368
/ 572ページ
このページを編集する