魔法ノ花Ⅷ







「次の満月の日に、私たちの力でもう1度月食を起こす。30日経ったら、向こうでは1日半が経っている。……おそらく、星羅は1日と半分で行動終わらせることはないから、そこからでも間に合う」


「何でそんなことが分かるんだ?」


「ロアンはただの強さのみを嗜好しないから。強さは当たり前のベースとして、そこからロアンを楽しませないと星羅は殺されるから」


「………」


「だからロアンは瞬殺や圧勝を嗜好しない。駆け引きを楽しむ神だよ」



「――――27日ある」





と、竜崎零。


月の周期は29日。



2日を療養と頭の整理とセレステラの鎮静に使ったから、残りは27日だ。




「好きに使え。俺達に乞いたい教えがあれば乞え。俺たちも、できることは全部する」




あと27日。


27日で、できること。







……27日しかない。それなら俺は、……





0
  • しおりをはさむ
  • 5969
  • 4429
/ 693ページ
このページを編集する