魔法ノ花Ⅷ

しろいろ(Last battle) /ニゲラ〔perplexity〕







「………」





夜空を空を見上げる。



この気配に、何人が気付いただろうか。





ルナと、竜崎。ふたりは気が付いただろうな。



蘭あたりも気が付いただろうか。


食えないからなあ。





「日常、今日で終わりね」




手元の洗剤を混ぜた液に、ストローをつける。



ふぅ、と吹くと、しゃぼん玉ができる。



できたしゃぼん玉は、ストローから離れて、空へ飛んでいく。





しゃぼん玉、とんだ。


どこまで飛ぶか。




明るい街に、星空は見えない。


星も何もない、真っ暗な闇の中に、しゃぼん玉が消えていく。







こわれて、きえる。


しゃぼん玉は、弱い。はるか空の向こうまで行くことはできない。







ぱちん。





「………」





残った液体は、地面に流した。


しゃぼん玉になっても、どうせみんな行きつく場所は同じ。




みんな等しく、地に還る。





あたしもそう。



そして、あなたもそうだ。






「ようこそ、ロアン」







あんたに最期にこの世界を見てもらえるなんて、うれしいよ。




0
  • しおりをはさむ
  • 5674
  • 4396
/ 617ページ
このページを編集する