井関和美さんの作品一覧

僕の彼女は右腕が欠けています

井関和美
56ページ(連載中) 54080字 更新日 2019/11/10 読者 432人 公開

もしも、あなたの大切な人が突然いなくなってしまったら、どうしますか? そして「いなくなってしまった時の姿のまま」帰ってきたら、心から嬉しいですか…?

あの、涼やかなる声の向こう側で

井関和美
186ページ(連載中) 185178字 更新日 2019/11/14 読者 826人 公開

いつもとてもきれいな声で笑って、俺の隣にいてくれたお前。 でも、俺はそんなお前の顔をいつだって見る事はできなかった。 お前、いつもどんな顔して笑ってたんだよ…。

悪魔の母性

井関和美
262ページ(完結) 258723字 更新日 2019/04/14 読者 1443人 公開

今から、十五年前。 ある有名女優の、十歳になる一人息子が誘拐された。 誘拐したのは、 彼女が最も信頼を置いている 唯一無二の、親友だった…。

パーフェクトベビー

井関和美
60ページ(完結) 52598字 更新日 2017/07/09 読者 622人 公開

一人の少年と、一人の少女。 この二人の出会いが、平凡な日常の終局となる――。

ヴァンパイアにおねがいっ!

井関和美
277ページ(完結) 305198字 更新日 2019/09/30 読者 2236人 公開

神薙大牙(かんなぎたいが)は高校一年の16歳。 文武両道で超絶イケメンである彼の悩みは、恋愛経験がゼロな事。 その理由は…父親がヴァンパイアだからである!

Air~episode 0~ スベテノハジマリ

井関和美
209ページ(完結) 211106字 更新日 2016/10/16 読者 1179人 公開

井関和美初ホラー小説にして 『第一回ホラー&ミステリーコンテスト』 最優秀小説部門賞受賞「Air~シルバーコード~」 本作は、そのエピソード0の物語たちである

ボーダーライン~あの頃、僕らは~

井関和美
216ページ(完結) 101739字 更新日 2011/10/06 読者 6436人 公開

著者・井関和美の文庫本デビュー作『ボーダーライン』外伝的連載小説部屋

祈るように、僕は泣く。

井関和美
325ページ(完結) 152684字 更新日 2011/10/06 読者 15113人 公開

僕は、本当に彼女が好きだった。だけど、僕が彼女を好きになる度に、彼はいつも何かをなくしていった…。十年にも及ぶ兄弟と彼女達の恋を描いた長編小説。

皆で僕らを責めないで

井関和美
331ページ(完結) 146929字 更新日 2011/10/06 読者 11229人 公開

 閑静な住宅街の一角で中年の男女二人が殺される事件が起こり、警察は一人の少年を逮捕した。逮捕時、少年は袋詰めにされた幼い少女の遺体を抱き締めていた…。

おんじい

井関和美
195ページ(完結) 82999字 更新日 2011/10/06 読者 8244人 公開

 誰にだって秘密がある。誰にも言えない過去がある。そんな重い荷物を背負った少女・早紀とホームレスの老人・おんじいの物語。

君のために、僕は笑う。

井関和美
96ページ(完結) 42339字 更新日 2011/10/06 読者 6052人 公開

恋は、急に始めるものでも焦ってやるものでもない。でも、夢があった君には時間がなかった。だからこそチリ、君は君なりに精一杯、僕と…あいつを愛してくれたんだ。

僕たちは浅ましい夢を見る

井関和美
164ページ(完結) 96962字 更新日 2012/08/05 読者 3601人 公開

僕は何も悪くない。だって、ああしなかったら、やられていたのは僕の方だったんだ。そうだよ、僕は何も悪くない。それなのに、どうして父は、死を選ぼうとしたんだろう…。

僕は誰よりも君を孤独にする

井関和美
248ページ(完結) 137916字 更新日 2013/09/01 読者 2511人 公開

私には忘れられない人がいる。 「あいつ」と出会ってから永遠に会えなくなるまで、たった三ヵ月だった。 ねえ、聞いていい? どうして、私を置いて行っちゃったの?

きみはケータイ守護霊?

井関和美
407ページ(完結) 164689字 更新日 2014/12/20 読者 4561人 公開

 携帯電話のオンラインRPGにはまっている以外、何の特徴も取り柄もない普通の女子高生・アヤ。そん彼女のケータイに、憧れのあの人の魂が“転送”されちゃったら…?

隣の彼女は正義の味方(仮)

井関和美
203ページ(完結) 118775字 更新日 2017/09/07 読者 3738人 公開

何の娯楽もない田舎町に住む、退屈な十六歳の男子高校生・小林冬馬。そんな彼の前に現れたのは…何と正義の味方(仮)な女の子だった!

こちら鳴海心霊法律相談事務所~その除霊、異議あり!~

井関和美
254ページ(完結) 158615字 更新日 2014/10/02 読者 2678人 公開

麻衣の夢は、いつか父親のような一人前の弁護士になる事。そんな彼女が出会ったのは、“死んだ人間”=“幽霊”を弁護し、その人権を守る仕事をする皮肉屋の毒舌男だった!

ユキカエリミチ

井関和美
208ページ(完結) 178570字 更新日 2015/07/23 読者 1226人 公開

あなたには、大切な人はいますか? その大切な人は、あなたの事を大切にしてくれていますか?

もういちど、きみに恋を 【上巻】

井関和美
412ページ(完結) 188550字 更新日 2011/03/10 読者 10577人 公開

出会いは十年以上前、あの日の事はよく覚えている…。あれから、いくつもの年月が流れてる。それでも分かる事がある。二人はもう一度、恋をする。

もういちど、きみに恋を 【下巻】

井関和美
92ページ(完結) 46294字 更新日 2011/07/07 読者 3030人 公開

出会いは十年以上前、あの日の事はよく覚えている…。あれから、いくつもの年月が流れた。それでも分かる事がある。二人はもう一度、お互いに恋をすると…。

短編小説部屋

井関和美
46ページ(完結) 20385字 更新日 2011/10/06 読者 7726人 公開

 井関和美が「最も苦手」とする短編小説部屋。一話完結シリーズ

未熟な小説家の作り方

井関和美
405ページ(完結) 188833字 更新日 2011/10/06 読者 15209人 公開

 小説家としてではなく、一個人としての井関和美の日常・エピソードを綴った完全書き下ろしエッセイ。

未熟な小説家の作り方  2nd Stage

井関和美
385ページ(完結) 182823字 更新日 2011/10/06 読者 4648人 公開

 小説家としてではなく、一個人としての井関和美の日常・エピソードを綴った完全書き下ろしエッセイの第二弾。

このページを編集する