そして私は、息絶えた

朝日
SF・ファンタジー 18ページ(完結) 13575字 更新日 2019/03/04 読者 2877人 公開 0 0














イチョウの木から聞こえる、不思議な声。

私はずっと――…その優しい声に、救われていた。






そして私は、息絶えた


  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 7
  • 69
このページを編集する