月の女神に魅せられて SS 【完】

Our First Love? /measure 5. 疑惑の女とお隣さんと




――――……


翌日……


あまり眠れぬまま朝を迎えた私は、重たい寝不足の頭を抱えながらベッドから身を起こした。


……一輝の機嫌が直るとっておきのテクニックなんて……聞かなきゃ良かった。


私を眠れなくさせた涼直伝のテクニック。


一挙手一投足まで細かい指示をくれたことに感謝するべきか


セクハラだと怒るべきか悩ましい。


とりあえず最後まで説明を聞かされたけど、それだけで顔から火が出た私には到底実行出来そうもない。


『いやいや、そんなこったろうとは思ってたけど、カップルなら普通だろ? 世の中ギブアンドテイクだぜ?』


あっけらかんと言い放つ涼の言葉に世の中の『そういう』常識を知らない私は、言われてみれば与えられっ放しだななんて我が身を振り返った。


……振り返った。


うん……確かに……確かに振り返ったけどもっ!


涼が口にしたようなことを私が出来るかって言うとそのハードルはハイジャンプと見紛う程高い。


ってかやっぱり行かなきゃダメかな……。


一輝に会いたいはずなのに、今会えばどうしたって昨日涼から聞いたことを思い出してしまって挙動不審になる自信がありすぎる。

0
  • しおりをはさむ
  • 3812
  • 3890
/ 279ページ
このページを編集する