素直なカラダで堕ちる恋【完】

再会@転職先

――――……



「塚越さん! ちょっとこっち良いかな?」


「はい、今行きます」


サーバールームから顔を出した橋田さんに返事をして自席のPCをロックして立ち上がる。


サーバールームでは、ノートパソコンの画面を困り顔で除き込む橋田さんがいた。


「どうしたんですか?」


「なんかどうしてもこのエラーが出ちゃうんだけど」


「見せてもらえますか」


橋田さんと場所を代わってノートパソコンでエラーの内容を確認し、コマンドラインを起動する。


「いや~ホント塚越さん来てくれてから助かるわ」


横から覗き込みながら感心した口ぶりで橋田さんが呟いた。


「私なんてまだまだですよ……」


苦笑いで言いながらディスプレイに文字列を打ち込んでいると



「2ヶ月くらいたつよね?」


「そうですね」


「だよね。俺の異動と同じタイミングで入ってきたもんね」





そう――


私の決断……


それは転職だった。

0
  • しおりをはさむ
  • 707
  • 3965
/ 154ページ
このページを編集する