私立東田高校物語④ 【全完結】 番外編③アップしました。

職場復帰と恋愛事情 /二人の恋心



***


「ただいま!スイカバー買って来たよ~」




リビングに続く廊下を弾んだ声で話ながら

ヒカが帰ってきた。




「おかえり」



俺にニコって微笑むと
冷凍庫にスイカバーをしまっている。




「言ってくれたら迎えに行ったのに」



ヒカはクスクス笑いながら




「え~、潤有名人だからやだよ~」


と悪気なく可笑しそうにしている。






あのまま俺の部屋から会社に行くのかと思ったら

あっさりと断られてしまった。





東京に来るときの優さんとの約束で

通勤に電車を使っちゃいけないらしい。





「朝のラッシュとかだと、駅のアナウンスで何言ってるか全然分かんない時があるんだ。

それをパパがすごい心配して、会社から歩けるとこに住むなら良いって言われてさ。」



“相変わらずでしょ?”なんて笑いながら言ってたけど






優さんに大賛成だ。

0
  • しおりをはさむ
  • 162
  • 1128
/ 424ページ
このページを編集する