私立東田高校物語④ 【全完結】 番外編③アップしました。

職場復帰と恋愛事情 /姐さんと兄さんの憂鬱



***


お互いに何も言わないけど、

昼間の事を思い出しては

ため息を繰り返し吐いてしまう。




「マズイわよね?テレビ買っちゃいそうよね」




本を開いたまま

一度もページがめくられていない本を見つめている

大翔に話しかける。





本から少し顔を上げ、私を見ないまま

困ったように顔を歪ませ




「あれはマズイな。」



ポツリ呟く。



「悪い人じゃなくても、売れない役者じゃ光ちゃんがきっと全部出すのよね?」


「だろうなぁ。」




冷蔵庫から取り出したビールの缶を手渡す。





光ちゃんが絶賛するまだまだこれからの役者の彼。

0
  • しおりをはさむ
  • 162
  • 1130
/ 424ページ
このページを編集する