私立東田高校物語④ 【全完結】 番外編③アップしました。

手繰り寄せ始められた運命 /ヒカの迷走



***


別に貢ぐ訳じゃないんだけどなぁ。




でも、世間一般に何かを買って

好きな人にそばにいてもらうっていうのは、

貢ぐって事なのだろうか?




自分に必要なものだったらいいのかな?


テレビは必要ないから、やっぱり貢ぐってこと?


潤が居心地の良い空間を作るってどうしたらいいんだろう。






謎すぎる!





ここは潤に聞いてみるしかないよね?






キッチンに立って、お鍋の中を覗き込んで

私に背を向ける潤に話しかける。




「ねーねー、潤?」




私の呼びかけに相変わらずの癒し系笑顔を浮かべて

顔だけ振り返ってくれる。

0
  • しおりをはさむ
  • 162
  • 1130
/ 424ページ
このページを編集する