私立東田高校物語④ 【全完結】 番外編③アップしました。

ご報告&ご挨拶 /オフィスキリシマ


***


ヒカが静かに寝息を立てて眠っている中

まだ薄暗い空が広がる早朝に

俺は仕事に向かった。





一歩、ヒカの部屋から足を踏み出せば

まだ昨日起きた事の全てが

夢だったんじゃないかと不安が襲ってくる。





でも、この手に残る感触は


どこからどう考えてもあまりにも


リアルで。





ヒカの全て


体温、声、そして視線までもが


俺の心を喜びと嬉しさで大きく揺さぶった。






しかも、最後の最後になんだよ・・・。

どこまでかわいいの?









俺以来誰ともないって?




あの声も


余裕のない表情も


俺しか見た事ないんだろ。






もうさ・・・




そんなのさ・・・




絶対に絶対にヒカを幸せにするよ。

0
  • しおりをはさむ
  • 162
  • 1130
/ 424ページ
このページを編集する