私立東田高校物語④ 【全完結】 番外編③アップしました。

6年ぶりの再会 /束の間の一時


***


夏の鋭い日差しが、夕方だというのに体中をジンジンと刺している。



都内なのにここは静かで

俺たちが出会ったあの街を思い出させる。





水を張った桶を持って砂利道を一歩一歩進んで行く。





始めのうちは、ここに来ればヒカに会えるんじゃないかと



淡い期待を抱いていたが、そんな奇跡は起きることはなかった。




会えなかった事実に落胆するたびに、


あの時の自分を責めて、もがいて、


どうしょうもないくらいに自暴自棄に陥って。







多くの大切な人を巻き込んでしまった自分が







情けなくて

許せなくて。

0
  • しおりをはさむ
  • 162
  • 1130
/ 424ページ
このページを編集する