お別れを前提にお付き合いしてください。【完結】

「本当にお世話になりました。ありがとうございました」

「部屋の外で、そういうことすんな」


アパートをふたり揃って出て、浅羽くんが部屋の鍵をしめたタイミングで深々と頭を下げたら、思いっきりため息をつかれた。

そうか。部屋の中で手をついて頭を下げるべきだった。


「とか言うと、お前部屋の中でまた土下座でもしそうだけどな」


なぜだろう。読まれている。


「まあ、いいや。親戚の連絡先なら、担任に聞けば教えてもらえるだろ。学校行ったら、電話してみれば?」

「はい。行ってみます」

0
  • しおりをはさむ
  • 96
  • 111
/ 387ページ
このページを編集する