Bed*In〜身体から始まる恋〜【完結】

Epilogue

「ねぇ」

「ん?」


「そういえば、なんで私の家わかったの?」


素肌を擦り寄せながら、ふと思い出した疑問を投げかけると夏樹がチラリとこちらを一瞥した。


「…陽菜子?」


女の勘って、本当に凄いと思う。

肯定も否定もしない夏樹の反応は、私の勘が当たってしまったことを暗に示している。

0
  • しおりをはさむ
  • 128
  • 42
/ 168ページ
このページを編集する