Bed*In〜身体から始まる恋〜【完結】

ピンポーン…


夏樹の部屋のインターホンを鳴らす。

先日は誘いを断ってしまったから、何だかんだ久しぶりにも感じる夏樹の部屋。


玄関の扉が開き、中から顔を覗かせた夏樹が、私の腕をグイッと引く。


掴まれた腕が、熱い。

背後で閉じられた扉の感触が、背中に伝わる。


一人立つのがやっとの玄関に二人で向かい合って立っているから、やたらと夏樹との距離が近い。

0
  • しおりをはさむ
  • 128
  • 42
/ 168ページ
このページを編集する