あなただけを愛したい【完】

「だからいつも、眼鏡なんてやめなって言ってたのに」


「は?今、眼鏡は関係なくない?」



お姉ちゃんは、いつもあたしに



“コンタクトにして、髪にも手を掛けなさい。女でしょ?”



って言っていた。



「関係大アリじゃん!だってコンタクトにしてれば、先生にもっと早くに見つけてもらえてたじゃん!」


「……」



ほんとだ……


毎朝、先生と挨拶をしたいがためにやっていたことが、さらに先生との距離を作っていたなんて。



「卒業式くらいは、先生が好きになってくれた柑那の姿で出席しなよ?」


「うん」



って言ったのはいいけれど……


あの姿で学校へ行ったりなんかしたら、みんな引かないかな?



“あんた誰?”



みたいな。


それもイヤだな。



でも……


お姉ちゃんが言うように“先生が好きになってくれたあたし”の姿で、先生のいる高校を卒業したい。

0
  • しおりをはさむ
  • 471
  • 914
/ 430ページ
このページを編集する