あなただけを愛したい【完】

「はぁ?」



祥子は“何言ってんの?”と言わんばかりに、怪訝な表情を浮かべる。


やっぱり信じてもらえないか。



「ほんとなんだけどな」


「……」


「今日この姿で来たのも、先生に見てもらうため」


「ごめん、意味がわからない」


「先生は、この姿の時のあたしを好きになってくれたの。だから……」


「ちょっと待って!」



祥子は何が何だかわからないって表情をしているけれど……



「じゃあ、出会いは学校じゃないってこと?」


「先生にとってはね。あたしは学校での先生しか知らなかったから」


「ちょっと!もっと詳しく教えてよ!」



合コンの時、航に助けられたことから、今までのことをすべて話した。

  • しおりをはさむ
  • 472
  • 922
/ 430ページ
このページを編集する