あなただけを愛したい【完】

Chapter9 /大切なもの(航side)

『あたし、あなたの子を産んだのっ!』



一瞬、頭の中が真っ白になった。


何言ってんだよ、コイツ。


と思いながら、もしかしたらそれが真実なのかもしれない……と考えている自分もいた。


だけど今はそんなこと後回しだ。


柑那の様子が気になった。


俺の子を生んだと宣言されて、いい気はしないはずだ。


そして俺の目に映った姿……


確かに顔を歪めていた。



歪めていたはずなのに、口から出た言葉は



『ちゃんと話した方がいいよ』



俺が蒔いたかもしれない種のせいだってわかってる。


でもこの言葉でひどく傷つく俺がいた。


柑那は俺の傍にいるって……


俺から離れるわけがねぇって……


たかをくくっていた。


あまりの衝撃に、『柑那っ!』と呼ぶのが精一杯で、あとを追うことができなかった。

0
  • しおりをはさむ
  • 471
  • 914
/ 430ページ
このページを編集する