twilight house 3【完】

3章 /あとがき




花冬です。

twilight house3、完結致しました!




まさか私のような飽きっぽい人間が3巻まで書き続けることが出来るとは・・・・・・感無量です。

それもこれも、読者やファンの方々のおかげです。本当にありがとうございます!





さて。

相変わらず文才はなく、読みづらい点も多くあったことと思いますが・・・・・・大目に見てください・・・・・・すみません・・・・・・(TT)





3巻では極の過去が明らかになりました。

間藤先生との物語。いかがでしたでしょうか?



そして幸くんも。

彼の問題は、近衛や極の時のように、華が奮闘して解決することはないと思います。



2人のように"過去を乗り越える"お話ではなく、"大切な人の未来を思いやる"お話ですので。


きっと時間や、幸くん自身が解決していくことでしょう。それでいいのです。主人公が無理やり介入する必要はありません。






▷▷▷▷





0
  • しおりをはさむ
  • 650
  • 259
/ 383ページ
このページを編集する