捧げ華~濁りの君よ~【完】

緋紗羅 歴史・時代
499ページ(完結) 更新日 2017/03/14 読者 63800人 公開 0 0
魔法のiらんど大賞予選通過

時は大正





鮮やかに彩られる濁りの世





そんな中で出逢った貴方は





身分も立場も性格も





何ひとつ重ならなかったけれども





それでも私は幸せだった






没落華族令嬢にして平民


ーー日崎子ーー





帝国陸軍大尉にして華族


ーーノ宮零ーー






重なることなんてありえない






この手が届くなど夢のまた夢






けれど、貴方は信じろと言ってくれた






だから、後悔はしない





したくない―――












「貴方が好きです。それが、今の私のすべて」



「傍にいろ。お前だけは失いたくない」










ーー1人を棄て、すべてを得るかーー



ーーすべてを棄て、1人を愛するかーー







―――さぁ、どちらを選ぶ?―――










華族軍人×平民女学生





――大正浪漫――
















歴史・時代ジャンル日間・月間ランキング


最高1位!













イイね、ありがとうございます!!





なーさん様、黒ニャンコ様、のあ様、まろこ様、
はづ様、AO゚様、No.25様、kkkkkk様、かままる様
のぞこ様、あすか様、茉夏様、みぃ様


レビュー、ありがとうございます!!!








  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

ロック中
ロック中
ロック中
ロック中
ロック中
  • 540
  • 204
 
このページを編集する