捧げ華~濁りの君よ~【完】

序章

『命短し 恋せよ乙女』



そんな歌に惹かれて、ただ無邪気に恋に憧れていた。



悩みと言えば、学校帰りに寄るお店は何処にしよう。



今度、友人たちと見に行くお芝居はいつにしよう。



悩みなんて本当にちっぽけで、端から見れば何の変哲もない海老茶式部。




日崎桜子(ひざき さくらこ)。




16歳。




花百合高等女学校5年生。




そして―――没落した日崎伯爵家の一人娘。




とは言えども、今は平民として普通の生活を送っている。




母は幼い頃に亡くなり、兄弟はなく、父親と二人暮らし。




暮らしに文句はなかったし、女学校に行かせて貰える境遇には感謝していた。




何の変哲もない日常だった。





……あの人と出逢う、あの日まで。







「貴方のことを嫌いになれたら、どんなに楽だっただろうか―――?」






はたして






そんなこと






できただろうか?

















0
  • しおりをはさむ
  • 954
  • 943
/ 499ページ
このページを編集する