捧げ華~濁りの君よ~【完】

壱章 出逢イハ一瞬ニテ

「さーくらこー」



よく晴れた、とある日のことだった。



間延びした、なおかつ妙な節のついた声に振り返れば、背中に誰かが飛び付いてくる。



首を回して背後に視線をやり、桜子は苦笑した。



「佳世、どうしたの?」


「帰り付き合ってよ!美味しいあんみつ屋ができたんだって。これは行かなきゃ!」



そう言うのは格子模様の袴に流行りのハーフブーツを軽快に鳴らし、長い髪を高く結い上げた目鼻のはっきりした美人、芦辺佳世(あしべ かよ)。



日本人形もかくやというような美貌を持ち、見た目だけでいうのなら立派な大和撫子。



……だが、その性格は豪放磊落にして暴虎馮河。



見た目と中身が見事なほどに一致しない、の典型例。



女学校の中において型破り街道を独走し、女学生には大人気、先生からは問題児と呼ばれる少女である。



……ちなみに、桜子の唯一の親友であったりもするのだが。









0
  • しおりをはさむ
  • 954
  • 943
/ 499ページ
このページを編集する