Low Tension Girl 番外編【完】

第五話 /そして今

――――――――

―――――

―――…

「くおらっ!双子!!明返せ!」


「やだねー。」


「隆智のもんじゃねーだろ!」


「離して・・・。」


校門の前で、明を二人で挟むように抱きしめる。


下校時間によく見る光景だ。


「おーまーえーらーーーー!!」


「ぎゃー!怒ったー!」


「明、逃げるぞっ!」


「・・・私も?」


「うおらぁ!待てコラァ!!」


「なんで俺の方くんだよー!」


皐月をロックオンした隆智は、全力で追いかける。


俺は、その隙に明の腕を引っ張って、校舎の陰に隠れた。


「なんで私まで・・・」


体力のない明は、息が上がっている。


  • しおりをはさむ
  • 362
  • 192
/ 94ページ
このページを編集する