エンゼルランプ 【完】

episode.3 /悶える心 sideルカ





「ルカさん、そんな苛々しないでくださいよぉ〜」


ガンッ!!


そんな気持ち悪い千田に怒りをぶつけるように運転席を思いっきり蹴った。


「ひぃい!!」


「ねぇ、ほんとうるさい。その口剥ぎ取ろうか?」


「すすすすすんませんっ」



気色悪い千田なんて気にも留めず、今日何回目か。


鳴り続けるコール音を聞いて軽く舌打ちをした。


いつもだったらこの時間はあの心地良い綺麗な声を聞いているのに。


なかなか出てくれない想い人に、何かあったんじゃないかと不安な気持ちばかりが膨らむ。



0
  • しおりをはさむ
  • 1604
  • 676
/ 427ページ
このページを編集する