エンゼルランプ 【完】

episode.3 /想い sideレイ





「……すいやせん、千田です。お届け物で…」


真っ暗な視界の中、低い聞き覚えのある声がふと、外から聞こえてきてそっと顔を上げた。


襖には大きな人影があって、すぐに我に返って返事をした。


「し、し、失礼します!……っあの、こちら花屋の店主からです!」


そう言って顔を真っ赤にさせた久しぶりの千田さんは、私に鮮やかな紅紫色のデンファレの花束を持って来てくれた。


ロバートさんがっ…

急いで千田さんの元に駆け寄って花束を受け取る。

0
  • しおりをはさむ
  • 1606
  • 678
/ 427ページ
このページを編集する