エンゼルランプ 【完】

episode.3 /想い sideルカ






「あの、すみません…私、…」


いつも落ち着いていた声は、いま、戸惑い震えているようだった。

その声と、ゆらゆらと揺れているヘーゼル色の瞳から、明らかに困らせていることが分かる。



違う、こんなこと言わせたかったんじゃない。


ただの俺のどうしもない嫉妬で、余裕ない醜い俺のせいなのに。


いつもふわふわとさせている栗色の髪の毛を濡らして、首元に水滴を滴らせる艶やかで官能的な彼女。



その姿を見て、また感情が抑えられなくなった。

一気に押し寄せる、不安、苛立ち、愛しさ。



こんなことしたって彼女には伝わらないって分かっているのに自分を止められない。


0
  • しおりをはさむ
  • 1604
  • 676
/ 427ページ
このページを編集する