エンゼルランプ 【完】

episode.1 /出会い sideレイ





店裏で黙々と顧客リストを注意深く読みながら、注文されていたブーケを仕上げて行く。





あと数日で7月…夏らしい向日葵をメインとした爽やかなブーケの仕上がりを見て、これから最も苦手な季節が巡ってくるのだと嫌でも感じる。




そんな憂鬱な気持ちを紛らわせるかのように仕事に没頭し続けていると、今まで店の表から微かに聞こえてきていた人の話し声がいつのまにか聞こえなくなっていた。





ふと、壁に掛けてある時計に目をやると、店裏で仕事を始めてから思いのほか時間が経過していたことに驚く。




時間が経つのが早いなぁ…なんてぼんやりと考えていたら、「…カランッ」と馴染みのベルの音が聞こえてきて瞬時に店の表へ飛び出していった。



0
  • しおりをはさむ
  • 1606
  • 678
/ 427ページ
このページを編集する