エンゼルランプ 【完】

episode.5 /濃密 sideレイ






ゆらゆらと揺れる眼鏡の向こうのブラウンの瞳を見つめた。


プレゼントを渡したら今にも泣きだしそうな、嬉しそうな顔をしてくれたルカさん。



私がプレゼントしたキーケースをじっと見る彼の視線がまるで宝物を見つめているようで、

私が見つめられているわけでもないのに恥ずかしくなって、自然と頬に熱が集まった。



散々迷ったけれどこのキーケースにして良かった。



彼の蕩けるような嬉しそうな笑み見て、胸がきゅんと高鳴った。


0
  • しおりをはさむ
  • 1606
  • 678
/ 427ページ
このページを編集する