エンゼルランプ 【完】

episode.6 /眩惑 sideルカ





「本当はまだ一緒にいたいけど、レイちゃんを大切にしたいから。ゆっくり教えていくから、レイちゃんも慣れて?」


違う。大切にしたいけど、めちゃくちゃにも壊したい。

ゆっくり教えるなんて本当は無理。

今すぐに抱き潰したい。


でも、

少し触れただけで頬を赤らめて大きな瞳を潤ませて、
キスだけでぐったりしている艶やかな彼女を見ると、その可愛すぎる反応をもう少し堪能したいと思う自分もいる。



これから俺だけが彼女をたっぷり味わえる。

そう考えただけで胸が高ぶり、ゾクゾクした。



彼女を手に入れて溢れる欲も少し落ち着くかと思ったのに、それどころかもっと、もっと、もっと欲しいと心も身体も疼いて仕方ない。

0
  • しおりをはさむ
  • 1606
  • 679
/ 427ページ
このページを編集する