エンゼルランプ 【完】

episode.7 /溺れる sideレイ





夕陽が差し込むオレンジ色の空間、
石鹸のような彼の優しい匂いが充満する部屋、



「…あっ、ルカさん、ちょっと待ってくださいっ…」


「ごめんね、もう無理。もうしんどい。あそこで我慢しただけ偉いでしょ?…はぁ…ほんと限界っ…」


「んっ…や、あのっ…」


このままだと本当に危険だと焦って、彼の手から逃げようとするのに簡単に両手を白いシーツに縫い付けられる。



あの後、

ルカさんは物凄い勢いで痛いくらい私を掻き抱くと、そのまま担がれて教会の前に停めてあった車に乗り込んだ。


初めてお見かけする樋口組の運転手さんは、ずっと顔を紅潮させていた。バックミラー越しのチラチラとした視線が本当に恥ずかしくて居心地が悪かった。



そんなの御構いなしのルカさんは、ずっとぎゅうぎゅう抱き締めてきて、そろそろ窒息しそうだと思ってきた頃、
あっという間にルカさんのマンションへ到着した。



0
  • しおりをはさむ
  • 1604
  • 676
/ 427ページ
このページを編集する