エンゼルランプ 【完】

episode.2 /魅惑の彼女 sideルカ





彼女と同じように庭園をぼんやりと眺めてみた。あの綺麗な瞳で、真剣に何を見ていたのだろう。



あの花屋に行った日から、何をしても彼女のことが不意に脳裏にチラついて離れなかった。



一服する時も、風呂に入ってる時も、眠る前も。


いつものように適当に女の子と遊ぼうかと思っても、いざとなると彼女の姿が浮かんできてパスする日が続いていた。




ろくに恋愛もしてこなかったくせに、なに乙女チックになっているんだと自分自身に気持ち悪くもなる。



この感情が何なのか自分でも分からなかったが、とにかくまたあの綺麗なヘーゼルの瞳が見たい。

悶々と過ぎる日々の中、ただそれだけを考えていた。



…だからそんな彼女がこの縁側に、俺の隣に座っていたなんて今でも信じられない。



あまりにも儚い彼女の存在が夢でも見ていたんじゃないのかと、さらに乙女チックな思考になってしまうのはもうどうしようもない。



幻想のまま終わりたくない。



そう思いながら瞼を閉じると、昼間の彼女が鮮明に浮かんでくる。


0
  • しおりをはさむ
  • 1604
  • 676
/ 427ページ
このページを編集する