腹黒お嬢様と天才ハッカー㊦【完】

別れ /時間






『常磐志貴から離れなければ』








人が込み合う駅の近く、私は寂しく立っていた


そしてそんな私の冷めた頭の中にはただそれだけが浮かんでいた





  • しおりをはさむ
  • 1526
  • 32382
/ 385ページ
このページを編集する