私はまた飛び降りる【完】

プロローグ







人見知りで友人ゼロの孤独な私




涙の跡が残った乾いた頬に、乱れた黒髪






ボロボロの体で学校の屋上へ行く


下を見れば高所恐怖症の自分が震えた





でもいい



だって私は今から死ぬのだから










その理由は────




0
  • しおりをはさむ
  • 187
  • 31193
/ 370ページ
このページを編集する