若頭は仔猫がお好き。【完】

新生活 /SIDE 月夜

俺達は一卵性双生児


顔は多分見分けがつかない程よく似てる


まぁ、そのうちに見分けがつくようになる


現に屋敷内3年もいるとみんな見分けてくれる


まぁそれは俺達を受け入れてくれたからだと思う



若に拾ってもらって俺も月も毎日が楽しい


流石に女嫌いはまだ健在だ


女は嫌い・・・ましてあの女に似てる奴は殺してやりたいくらいに憎い


生憎そんな女が俺達に寄ってくる



偶に清楚な感じのやつもいるが中身は一緒だったりする


月といつもいうことは同じだ



「女はどれも一緒だな」と・・・・



そうそうこの間の女が原因での喧嘩は、そんな女をどっちが甚振るかってことで喧嘩した


だってあの女、苛めがいがありそうだったからな・・・





そんな俺達双子の心を変える女が屋敷に現れた


言葉にはしないが月の心も同じだったようだ



この女が俺達の希望になるのかもしれない

0
  • しおりをはさむ
  • 109
  • 1006
/ 321ページ
このページを編集する